春から夏にかけて増える紫外線

本格的な暑さはこれからですが、紫外線は確実に強くなってきているってご存知ですか??
日焼けの原因は『UVB』と呼ばれるもので、紫外線のなかでも表皮まで届く比較的短い光線になります。
一方、角層を通過して真皮まで到達する光線に『UVA』がありますが、 細胞にダメージを与え、炎症や老化、しみ、しわのなど様々なトラブルの原因になります。
このUVAは、地上に届く太陽光のなかの95%以上をしめていて、 とくに4月~6月に増える傾向があります。
気候がいいこの時期は、屋外で過ごす時間が増える一方で 紫外線対策は梅雨明け頃からされる方が多いというアンケート結果があります。

×最近急に肌がガサガサになってきた…
×まるで真冬のように肌が乾燥してピリピリする…
×花粉のピークは終わったはずなのに、肌の状態が回復しない…

そんな肌の悩みにお心当たりがある方は、今から紫外線対策をはじめましょう!
最近では ゴールデンウィーク前後から急に悪化する方が急増しており、「多形日光疹」とよばれる紫外線が急に強くなる季節に体の免疫力がついていけず アレルギー反応を起こす光線過敏による症状も増えています。

▼紫外線についての豆知識
https://www.atopi-care.jp/smartphone/page58.html#UV

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る