手湿疹とジェルネイル

ジェルネイルが原因で悪化する手湿疹があります。

ネイルを硬化させる際に使用するUV/LEDライトが原因です。ご相談を頂いた方に「UVライトが原因の可能性があります」とお伝えすると、

「LEDライトを使用しているので違います」と言わる場合があるのですがLEDでも同じく悪化します。

LEDライトは紫外線よりもさらに波長が長い「可視光線」と呼ばれる光を使っているライトになります。UVライトより早くネイルを固めることができるものこの波長の違いによるものです。


紫外線には数種類の波長があり、右にいくほど波長が長くなります。

UVBは表皮まで届く比較的短い光線で、日焼けの原因になります。

UVAより右側の光線は すべて真皮まで到達する光線で細胞にダメージを与え、様々な肌トラブルの原因になります。

普通に生活している限り、可視光線が原因で炎症が起きることはまずありませんが、 ジェルネイルの際に使用するLEDライトのように通常は浴びることがない強い光を局所的に、しかも集中して照射して、さらにこれを繰り返すことで皮膚の内部で炎症の原因になるとされています。

「手肌悩みがないころからジェルネイルをしているので、私の原因は違うと思います。」 とおっしゃる方もいらっしゃるのですが、残念ながら花粉症と同じで最初からアレルギーであるわけではなく突然発症されます。

お心当たりのある方はお控えいただくことをおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る