爪の周囲

爪の周囲の炎症は、水仕事が原因とは限りません。ジェルネイルを硬化するためのLED(UV)ライトや、手肌を守るためのゴム(ビニール)手袋や軍手に使われる素材も原因の1つです。

また、爪周囲の炎症は爪の変形の要因でもあります。常に刺激にさらされる部分のため、スキンケアだけでなく日常生活全体での対策が不可欠です。

  1. お使いになっているゴム(ビニール)手袋や軍手の素材をチェック
  2. 就寝前の集中ケアで、日中のダメージに備えましょう
  3. 日中はこまめにバリア力を補い、外部刺激から手肌を守りましょう
  4. ジェルネイルをされている方は、しばらく控えましょう。(ジェルネイルと手荒れについての詳細は⇒)

使用するアイテム

製品名分量(目安)
お肌やわらかクリーム集中ケア1か所にパール粒1程度
Hand&Bodyプロテクトパウダー適量

お手入れの手順

1

指先に丁寧にお肌やわらかクリーム集中ケアを塗布します。力を入れすぎないように注意しましょう。ギュッギュッっと力を入れると逆効果になってしまします

2

日中の保護のために絆創膏を使用する際は、Hand&Bodyプロテクトパウダーを擦りんでから絆創膏を巻きます。

3

水仕事をする際は、素手は避けてゴム(ビニール)手袋を装着しましょう。ただし、手袋の素材には十分注意する必要があります。詳細は⇒

就寝前の集中ケア

製品名分量(目安)
集中リペアクリーム適量
竹酢液でできたジェル適量
  • 肌表面にとどまる「集中リペアクリーム」を気になる部分を覆うように塗布します。寝具などへの付着が気になる場合は、包帯や絆創膏で保護します。
  • とくに敏感な状態が強い場合は、集中リペアクリームの前に「竹酢液でできたジェル」を少量塗布して浸透してから、「集中リペアクリーム」を塗布します。
  • クリームを塗るとかゆい場合は、「Hand&Bodyプロテクトパウダー」を集中リペアクリームのかわりに使います。
浄弘 貴子

アトピディアの商品開発を担当しております浄弘(じょうぐ)です。

アトピー性皮膚炎の闘病経験者として、お肌に悩みを抱える方に役立つ情報を発信いたします。

関連記事